ヤンゴン散策の巻

111817001.jpg
111817004.jpg
111817005.jpg
111817007.jpg

市バスとバイクタクシーを乗り継いでヤンゴン郊外へビルマ戦線や牟田口中将の無謀なインパール作戦で亡くなられた英霊を慰霊に行ってきました。英霊に敬礼っ!


111817002.jpg

この日の朝食は中国人街の屋台でちまき(1個1500チャット)を食べた。


111817006.jpg

ボージョーアウンサンマーケットは市内中心にある最大のマーケットでお土産は大体ここで揃います。入口のドームがある建物はイギリス植民地時代の1926年に建てられたものです。暇なときにブラブラするのにいいかも


111817010.jpg

シャンヨーヤーレストランは築150年以上の木造一軒家で伝統的なシャン料理を堪能できるという事で足を運んだが滅茶苦茶辛かったな。。。


111817008.jpg
111817009.jpg

ラングーンティーハウスは植民地時代のストラクチャーを改装した雰囲気のいいカフェレストランで16種類あるミャンマーティーなどがウリのカフェです。お気に入りの喫茶店になりました。(喫茶店って死語だよね~ww)


111817015.jpg

ナショナルミュージアムは五階建てのフロアーでゆっくり見ようと思ったら一日かかります。入場料が外国人料金5000チャットで腰を抜かしましたww


111817003.jpg

晴れた日は海パンもって高級ホテルのプールで優雅にカクテル呑みながらリゾート気分を味わうのもありでしょ、週末は25ドル払うとプールに一日居てもOKです。そこはまさに砂漠のオアシス、高級ホテルの中は別世界、ダウンタウンから市バスに乗って行ったのですがギャップが凄くて飛ばされました。ww







スポンサーサイト

ヤンゴン市内散策

110517003.jpg
110517009.jpg
110517001.jpg
110517010.jpg

 ヤンゴン市内を歩くと太平洋戦争以前に建設されたイギリス様式のストラクチャーが目につきます。ストラクチャーマニアの私には堪りません、古い建物はちょっと手を入れて改装してやると見違えるくらい重厚なストラクチャーに生まれ変わります。
 ヤンゴン市内にはそうした使われなくなったストラクチャーが今でも沢山残ってて私の目を楽しませてくれます。古いストラクチャーの魅力って歴史を感じさせるデザインと職人による人のぬくもりかなぁ、イギリス植民地時代に建設されたビクトリアスタイルや幾何学的なジョージアスタイルのストラクチャー、見ていて飽きませんわ


110517008.jpg
110517007.jpg
110517005.jpg
110517006.jpg

 そんな年代物のストラクチャーを改装したモンスーンレストラン、ここは以前ファッション雑誌ELLEでも紹介されたことがあるレストンです。お勧めはヤンゴントラディショナルチキンカレー、トロトロに煮込まれた鶏肉と辛さ控えめでコクのあるカレーは絶品です。
コスパもデザートつけて10ドルちょっとで給仕のサービスもA+ !


亜細亜の街角からミンガラーバ!

110317002.jpg
110317006.jpg
110317001.jpg
110317007.jpg

ラングーン初めての市内観光第一発目は1852年に建設された国内に唯一あるというモーゼ ヨシュア シナゴーグへ聖なる場所というのは宗教にかかわりなく静かで落ち着きます。


110317004.jpg

番頭さん爆睡中にゃん


110317012.jpg

鳥かごにぎっしり詰まった鳥、これらは飼う為ではなくてお金を払って逃がしてやり高徳を積むための鳥なんだそうです。さすが仏教国!一匹20円程でした。


110317005.jpg
110317014.jpg
110317013.jpg

スーレパゴダがラングーン市内の中心地ですが暫く街をうろちょろしながらGRC支部長に教えてもらった通り路上で携帯電話のSIMを日本円150円程でゲットしました。これで電話とインターネットがその場で開通しグーグルマップがフルに使えるので一気に旅がしやすくなりました。昼食は中国人街の路上フード店で一杯100円程のワンタンメンに挑戦してみましたがこれが大当たり!スープが絶品!ワンタンも美味しゅうございました。次は別のメニューにトライしてみたいな...


110317011.jpg
110317010.jpg
110317008.jpg
110317015.jpg
110317016.jpg
110317017.jpg

 市内はベストシーズンとはいうものの熱帯特有の湿気で歩いていると疲れます。そんな時は教会に立ち寄り教会の中で休憩するのもありです、(画像は中央駅の近くにあったカトリック教会)静かで安全です。
 ヤンゴン市内はビルマ人と供に周辺国の民族が入り混じって共存している感じでイギリスの植民地だったせいか教育の成果なのか分かりませんが意外と市内でも英語が通じました。また中国語やヒンディー語も良く通じ独りで観光しても全く不自由を感じませんでした。基本的にビルマ人は親日的で親切な方たちが多い印象を受けました。
 19th STREETは市内のバックパッカーが集まる通りで規模はデリーのパハルガンジーやバンコクのカオサンロードに比べると格段に小さいですが夜になると様々な屋台が出て夕食が楽しめます。この日はカフェバーで夕食を取りピナコラーダで乾杯!

十月三十一日(晴れ)

103117001.jpg

http://www.ninjaakasaka.com/

一年ぶりに忍者赤坂で夕食、美味しゅうございました。上級忍者による忍法も素晴らしかった。大満足のひと時でした。


十月十四日(雨)

101317002.jpg
101317001.jpg
101317003.jpg

新宿で開催されてる水森亜土ちゃんの個展に行ってきました。実は私、かくれ水森亜土ファンです…亜土ちゃんの唯我独尊的な人生、また独特のキャラが大好き、この日は3万円ぐらいから展示中の作品を購入者には亜土ちゃんの直筆サイン付きで売り出していたけど33万円で売り出してたイタリアのキャバレー嬢達のような「ミ アモーレ」という作品に惚れました。亜土ちゃんも相変わらず可愛いね!

https://www.youtube.com/watch?v=pKrcMpjRlVU
↑ひみつのアッコちゃん時代のボーカル、滅茶キュ~トじゃなぁ~い!?

| ホーム | NEXT>>
Copyright © GURGAON RIDERS CLUB All Rights reserved. Design By Solo.Created by Kana.

GURGAON RIDERS CLUB

プロフィール

G.R.C

Author:G.R.C
GURGAON RIDERS CLUBはROYAL ENFIELDをこよなく愛すグルガオン、デリー近郊に在住しているbulettオーナーの為のクラブです。定期ツーリングや親睦会を企画しています。ただ今メンバー募集中!
http://emily2012.web.fc2.com/index.htm

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR